熟路(読み)ジュクロ

デジタル大辞泉の解説

じゅく‐ろ【熟路】

歩き慣れて、ようすをよく知っている
「敵は爰彼所(ここかしこ)の―に依って防ぎけるゆゑ」〈読・唐錦・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅくろ【熟路】

よく知っている道。 「河崎がためには此路は-である/伊沢蘭軒 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅく‐ろ【熟路】

〘名〙 通いなれた道。様子をよく知った道。
※明極楚俊遺稿(14C中か)贈用都寺「堂堂衣錦白日行。遠駕軽車熟路
※読本・唐錦(1780)四「敵は爰彼所の熟路(ジュクロ)に依って防ぎけるゆへ」 〔韓愈‐送石処士序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android