コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都寺/都守 ツウス

デジタル大辞泉の解説

つう‐す【寺/都守】

唐音。「都監寺(つうかんす)」の略》禅宗寺院で、監寺の上にあって、寺の一切の事務を監督する役職六知事の一。都管(つうかん)。つす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の都寺/都守の言及

【荘主】より

…すなわち禅院内を教学方面の西班と経済関係の東班に分かち,寺院の経理や荘園経営は東班の禅僧に行わせた。東班の最高位を都聞(つうぶん)または都官と呼び,その下に都寺(つうす),監寺(かんす),副寺(ふうす),維那(いのう),典座(てんぞ),直歳(しつすい)の六知事を置いて,これらの禅僧を東班衆と総称した。中国では副寺の下に現地の経営者である荘主がおり,荘主もまた都荘と副荘に分かれ,その下に諸荘監収がおり,甲幹荘甲(日本の名主に相当)を支配し,最下層に耕作民たる佃戸(でんこ)が位置した。…

※「都寺/都守」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

都寺/都守の関連キーワード平野吉兵衛(初代)監寺・監主・監守常磐津文字太夫赤松 俊秀曲直瀬道策上田立夫寺田重徳元谷朋子九条輔実奈良原繁東班衆岸駒東序荘主周文主事副寺

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android