コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱く ホメク

デジタル大辞泉の解説

ほ‐め・く【熱く】

[動カ四]《「火(ほ)めく」の意》
ほてる。熱くなる。
「まだ湯上がりの顔―・く」〈浄・五人兄弟〉
男女が情事をする。
「そちらで早う―・け―・けと言はれて」〈・金短冊〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほめく【熱く】

( 動四 )
〔火めくの意〕
ほてる。熱する。 「まだ湯上がりの顔-・く、汗の額や肩たるく/浄瑠璃・五人兄弟」
欲情をもよおす。情事をする。男女がいちゃつく。 「夜の更けぬ内-・いてしまお/浄瑠璃・苅萱桑門」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱くの関連情報