欲情(読み)ヨクジョウ

デジタル大辞泉の解説

よく‐じょう〔‐ジヤウ〕【欲情】

[名](スル)
物をほしがること。また、その心。欲心。
「私はかつて年が若く、一切のものを―した」〈朔太郎虚無の歌〉
異性の肉体を欲すること。また、その心。色欲の情。情欲。「欲情にかられる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

よく‐じょう ‥ジャウ【欲情】

〘名〙
① ものをほしがる心。欲心。欲望。
※足利本論語抄(16C)季氏第十六「老ては欲情起るほどに戒しめ得るに有也」
※シェイクスピア(1952)〈吉田健一〉マクベス「支配欲が凡人の欲情であることに変りはない」
② (━する) 色欲の情。愛欲。また、情欲を発すること。〔文明本節用集(室町中)〕
※自由学校(1950)〈獅子文六〉彼女がそう叫ぶには「自分の力で生き、自分の頭で考え、自分の腕で食い、自分の意志で欲情する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報