コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱てんびん ねつてんびん thermobalance

2件 の用語解説(熱てんびんの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱てんびん
ねつてんびん
thermobalance

物質が加熱されると普通の熱膨張以外に,酸化・還元あるいは結晶水や揮発分の蒸散による質量変化や,相転移による密度の異常変化などが現れる。これらの過程を観察する計器が熱てんびんで,てんびんの棹の一端につるした試料を電気炉で加熱しつつ,他端の平衡ばねと分銅で計量するのが原型である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

熱てんびん【ねつてんびん】

物質を熱するとその質量が温度とともにどのように変わるかを直接測定できるようにした装置。通常,結晶水の分離,熱分解などの起こる温度の測定,および秤量(ひょうりょう)に用いられる。
→関連項目てんびん(天秤)熱分析

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

熱てんびんの関連キーワード断熱膨張熱膨張熱膨張率加熱変性湿分熱変性熔融グリューンアイゼン‐アンダーソンパラメータゲイ=リュサックの熱膨張の法則熱膨張風理論

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone