コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱地 ネッチ

デジタル大辞泉の解説

ねっ‐ち【熱地】

暑さの激しい土地。また、熱帯地方。
「哈氏(ハスチングス)、印度(インヂヤ)の―に在り」〈中村訳・西国立志編
繁華な所。
「烹店船宿も亦た其の間に興って更に一―を為す」〈服部誠一・東京新繁昌記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねっち【熱地】

暑い土地。
にぎやかな所。繁華な所。 「錦城歌吹にぎやかなるの-を去り/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

熱地の関連キーワードワイオタプ地熱公園ラッセン・ピーク名聞は焦熱の爪木シキダン地熱地帯タフムルコ火山ワイラケイ沸石ワイラカイト恐山の金鉱床栗駒国定公園ディエン高原タラウェラ山石灰華段丘地熱発電所大焦熱地獄ワイラケイ地熱変質帯地熱地域阿鼻地獄エクメネ極熱地獄

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android