コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱絶縁工事(建設業許可の一種) ネツゼツエンコウジ

リフォーム用語集の解説

熱絶縁工事(建設業許可の一種)

工作物又は工作物の設備を熱絶縁する専門工事。つまり、熱エネルギーを効率的に無駄なく利用するために、ビルやマンションの冷暖房設備や給排水設備、工場や発電所、化学プラントなどの機械や配管類に対し、目的に合わせた保温・保冷工事を行う工事の事。冷暖房設備、冷凍冷蔵設備、動力設備又は燃料工業、化学工業等の設備の熱絶縁工事などがある。

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

熱絶縁工事(建設業許可の一種)の関連キーワード工作物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android