コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱絶縁工事(建設業許可の一種) ネツゼツエンコウジ

1件 の用語解説(熱絶縁工事(建設業許可の一種)の意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

熱絶縁工事(建設業許可の一種)

工作物又は工作物の設備を熱絶縁する専門工事。つまり、熱エネルギーを効率的に無駄なく利用するために、ビルやマンション冷暖房設備給排水設備、工場や発電所、化学プラントなどの機械や配管類に対し、目的に合わせた保温・保冷工事を行う工事の事。冷暖房設備、冷凍冷蔵設備、動力設備又は燃料工業、化学工業等の設備の熱絶縁工事などがある。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱絶縁工事(建設業許可の一種)の関連キーワード研削盤工作物治具回し金石工事(建設業許可の一種)ガラス工事(建設業許可の一種)機械器具設置工事(建設業許可の一種)消防施設工事(建設業許可の一種)大工工事(建設業許可の一種)板金工事(建設業許可の一種)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone