熱電子管(読み)ネツデンシカン

大辞林 第三版の解説

ねつでんしかん【熱電子管】

電子源として熱陰極から放出された熱電子を利用する電子管の総称。普通の真空管や、熱陰極放電管などをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android