熱電子管(読み)ネツデンシカン

大辞林 第三版の解説

ねつでんしかん【熱電子管】

電子源として熱陰極から放出された熱電子を利用する電子管の総称。普通の真空管や、熱陰極放電管などをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ねつでんし‐かん ‥クヮン【熱電子管】

〘名〙 熱電子放出を応用した真空管や放電管、ブラウン管など。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android