コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱電子 ねつでんしthermoelectron

5件 の用語解説(熱電子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱電子
ねつでんし
thermoelectron

高温の金属や半導体から熱電子放出で放出された電子。電子管のほか,熱電子発電などに利用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

熱電子【ねつでんし】

高温状態にある金属または半導体から放出される電子。高温のため電子の熱運動が激しくなり,物体表面の束縛力をふりきって飛び出したもの。この熱電子放出現象はエジソンが発見し(1884年),リチャードソンが研究したので,エジソン効果リチャードソン効果ともいう。
→関連項目陰極線エジソン効果X線管熱電子発電

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱電子
ねつでんし
thermoelectron

高温の固体から放出される電子のこと。テレビジョンブラウン管に像が現れるのは、電子が飛んできて蛍光物質を励起し、発光させるからである。これは、ブラウン管の基部に封入されているフィラメントを加熱して陰極物質を高温にすると、電子がその物質の中から放出されることを利用している。ブラウン管のように熱電子を利用した電子管を熱電子管という。熱電子X線管、電子顕微鏡サイラトロンなどはこの仲間である。熱電子が放出される現象を熱電子放出といい、リチャードソン効果またはエジソン効果ともよばれる。
 は金属中の電子を示すモデルである。絶対零度では、電子は0とEF(フェルミ・エネルギー。電子が占有する最高エネルギー)の間のエネルギーをもっていて、EF以上のエネルギーをもつものは存在しない。EFのエネルギーをもつ電子が金属の外へ出るためには、さらにW以上のエネルギーを与えなければならない。このWを仕事関数といい、物質によって異なる値をもつ。温度が高くなると、EFよりも高いエネルギーをもつものが現れる。十分に高い温度であれば、電子のうちのかなりの割合が、EF+W以上のエネルギーをもつようになって、物体の外へ飛び出すことができる。[野口精一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の熱電子の言及

【電子放出】より

…しかし外部からの何らかの刺激により,物質内の電子がエネルギーを得て真空準位より高いエネルギーをもつようになると,その電子は真空中に放出される。電子がエネルギーを得て真空中に放出される原因は種々あり,それによって,熱電子放出,二次電子放出,電界放出,エキソ電子放出,光電子放出などと呼ばれる。
[熱電子放出]
 固体が熱せられると,固体を形成している原子の振動が激しくなり,電子は原子振動からエネルギーを得て固体外に飛び出すようになる。…

※「熱電子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熱電子の関連情報