片為替(読み)かたがわせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片為替
かたがわせ

送金為替でも取立為替でも常に一方だけから仕向け,双方バランスを欠く為替の取引状態をいう。為替取引契約を結ぶときには自店から仕向けるのに便利なように相手店と契約を結ぶのが普通であり,これが片為替になるともいえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かたがわせ【片為替】

特定国との間で、貿易不均衡のため為替の受け払いが、一方に偏った状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かた‐がわせ ‥がはせ【片為替】

〘名〙 内国間、また、外国との間の銀行為替で、売り為替か買い為替かの一方が他方を超過して、かたよること。〔袖珍新聞語辞典(1919)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android