片身替り(読み)かたみがわり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「片身替り」の解説

片身替り
かたみがわり

和服布地文様を,左右あるいは一幅ごとに替えて仕立てたもの。安土桃山時代に流行し,衣服のほか調度,陶器の文様づけにもこの手法が応用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「片身替り」の解説

かたみ‐がわり〔‐がはり〕【片身替(わ)り】

右半身と左半身、およびの左右の模様色合いなどの変わっている衣服。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android