コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片麻岩状花崗岩 へんまがんじょうかこうがんgneissose granite, gneiss-granite, gneissoid granite

岩石学辞典の解説

片麻岩状花崗岩

片麻岩状構造を持つ花崗岩.この構造は変成作用によるものではなく,マグマの結晶作用の間に粘性抵抗で形成されたものである.類似した岩石名が多く,花崗片麻岩(granite-gneiss)も同様であるが,後に花崗岩のついた名称は火成岩で,片麻岩のついた名称は変成岩として扱われることが多い.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

片麻岩状花崗岩の関連キーワードプロトジン

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android