コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛にひかれて善光寺参り ウシニヒカレテゼンコウジマイリ

デジタル大辞泉の解説

牛(うし)にひかれて善光寺参り

信心のない老婆が、さらしていた布を角にかけて走っていくを追いかけ、ついに善光寺に至り、のち厚く信仰したという話から》思ってもいなかったことや他人誘いによって、よいほうに導かれることのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うしにひかれてぜんこうじまいり【牛にひかれて善光寺参り】

〔長野の善光寺近くにいた欲深い老婆が、さらしていた布を角に引っ掛けて逃げた隣家の牛を追い、知らずに善光寺へ行き信心を起こしたという言い伝えから〕
自分の意志からではなく、他人に誘われてよい方に導かれることのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

牛にひかれて善光寺参りの関連キーワード釈尊寺隣家