牛山 清四郎(読み)ウシヤマ セイシロウ

20世紀日本人名事典の解説

牛山 清四郎
ウシヤマ セイシロウ

明治〜昭和期のジャーナリスト 「信濃日報」主筆。



生年
元治2年1月28日(1865年)

没年
昭和14(1939)年5月9日

出生地
信濃国諏訪郡豊田村(長野県諏訪市)

経歴
長野県松本の私塾で英語・漢学を修めたのち上京。明治23年東京築地の聖保羅教会の牧師ウイリアムから洗礼を受けてキリスト教徒となり、帰郷して伝道に従事した。35年ジャーナリスト・評論家の山路愛山の薦めで「信濃毎日新聞」社に入社。38年日露戦争後の講和条約に不満を感じた民衆日比谷焼打事件を起こすと、同紙に「戒厳日記」を掲載して民衆支持にまわり、そのために重謹慎30日の処分を受けた。40年保科百助らとともに「信濃公論」を創刊。同誌が43年に廃刊となったのちは「信越新聞」などで原稿を執筆し、大正7年松本の「信濃日報」の主筆に迎えられた。その後、国立公園協会の機関誌「中部山岳」の編集に当たった。郷土史や易学にも詳しく、「古代信濃の交通」「周易の研究概論」などの著書がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android