周易(読み)しゅうえき

占い用語集の解説

周易

古代中国の周の時代に作成された卜術の一つ。「易経」という古典に照らし合わせて解釈される。「易経」は占いの書物であったことから、随時代の煬帝による焚書坑儒を免れ、その後の儒学者たちの研究により儒学的・道徳的に変化していった。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうえき【周易】

中国、周代に行われたとされる占い法。三易の一。陰陽説に基づき、陽を〓、陰を〓で表し、その記号の組み合わせで八卦はつけを作り、さらに八通りに組み合わせて六十四卦としてそれぞれに名を与え、これによって宇宙万物の生成・発展・消長を説明しようとするもの。太古の聖人伏羲ふつきが八卦を作り、周の文王が各卦に説明をつけ(卦辞)、周公が解釈し(爻辞こうじ)、孔子がその原理を明らかにした(十翼)といわれているが、実際には、戦国末から漢代中期にかけて集大成されたもの。後世、易経として五経に加えられた。今日、易といえば周易をさす。易。易経。 → 八卦六十四卦

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android