牛玖健治(読み)うしく けんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牛玖健治 うしく-けんじ

1922- 昭和後期-平成時代の版画家。
大正11年1月5日生まれ。昭和24年読売アンデパンダン展に漆版画を出品,注目をあつめる。29年モダンアート展で「わな」が初入選。32年日本版画協会会員。欧米で個展をひらき,国際展にも出品。油彩画,陶芸,立体も手がける。千葉県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android