コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧人小説 ぼくじんしょうせつ

百科事典マイペディアの解説

牧人小説【ぼくじんしょうせつ】

ルネサンス以降西欧で流行した,羊飼いの男女の恋愛を主題にした純愛・田園物語。デュルフェ〔1568-1625〕の《アストレ》はその典型。→牧歌
→関連項目セルバンテスロンゴス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

牧人小説の関連キーワードソレル(Charles Sorel)ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯ガルベス・デ・モンタルボモンテマヨールピカレスク小説スペイン文学ディアーナメーレ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android