牧歌(読み)ぼっか(英語表記)pastoral

  • ぼっか ボク‥
  • ぼっか〔ボク〕
  • 作品名

翻訳|pastoral

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文学のジャンルとしては,アレクサンドリアに住んだテオクリトスが故郷シチリア島に対する望郷の念から,少年時代の回想のなかで田園羊飼いを歌ったのに始る。牧歌には次の3つの形が認められるが,原型はすべてテオクリトスにある。 (1) 羊飼いが恋の喜びや悲しみを歌い,互いに歌の優劣を競い合うもの。 (2) 羊飼いが報われぬ恋の嘆きを恋人の賛美の歌に託するもの。 (3) 羊飼いが仲間の死を悲しみ,葬送悲嘆,慰めなどを歌うもの。牧歌はウェルギリウスによってジャンルとして確立され,同時に実際の羊飼いを歌うよりも都会人が田園生活にいだく夢,人間が家畜を牧して平和に暮した理想的な黄金時代を描くものとなった。ルネサンス期には牧歌は風刺寓意の手段としても利用された。また牧歌劇散文牧歌的ロマンスもこの時期に生れた。特にスペインの J.モンテマヨルの『ディアナ』 (1559頃) ,フランスの H.デュルフェの『アストレ』 (1607~27) が名高い。 18世紀になると牧歌はジャンルとしては衰え,田園生活の満足と平和を歌う瞑想詩に同化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

牧童などのうたう歌。
牧人や農民などの生活を主題とした詩歌。田園詩。パストラル。
[補説]作品名別項。→牧歌
《原題、〈フランス〉Bucoliquesシェニエの詩作品。草稿のまま残されたもので、執筆年代は1778年ごろまでとされる。作者没後の1819年に、詩人ラトゥーシュが編纂し「シェニエ全集」として刊行。「タラントの乙女」などを収録。
《原題、〈ラテン〉Bucolica》古代ローマの詩人ウェルギリウスの第1詩集。全10歌。紀元前37年頃完成。別題「詩選(エクロガエ)」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

田園を舞台とし,若い羊飼いなどの人物が登場し,清純な恋愛をくりひろげる文学作品。ギリシアのテオクリトスの詩が最古とされる。演劇としては,16世紀後半イタリアで興り,英,仏などで盛んになった。シェークスピアの《お気に召すまま》はその一例。音楽における牧歌については〈パストラル〉の項を参照。
→関連項目アダン・ド・ラ・アルビオン牧人小説

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

田園を舞台に,羊飼いたちを主人公にした文学をいう。パストラルpastoral訳語語源ラテン語のpastor(〈牧羊者〉の)である(イディルidyllは別語源だが,パストラルと同じ内容で用いられることが多い)。田園詩と呼ぶこともあり,羊飼いのほか,牛飼い農夫らも登場した。前3世紀のアレクサンドリアの詩人テオクリトスによってジャンルとして確立されたが,彼自身は羊飼いでも農民でもなく,腐敗した宮廷に仕える宮廷詩人であった事実に注目すべきであろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 牧夫や牧童のうたう歌。〔元結‐戯規〕
② (pastoral の訳語) 牧夫や農夫の田園の生活を主題とする詩歌、また、楽曲。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の牧歌の言及

【パストラル】より

…田園曲,牧歌などと訳され,音楽においては,広義にはベートーベンの《パストラル・シンフォニーSinfonia pastorale(田園交響曲)》の場合のように,田園的な気分を指し示す意味に用いられる。しかし,歴史的に眺めてみると,中世からルネサンスにかけては,〈羊飼いの恋〉をテーマにした抒情詩や劇詩と手を携えて,世俗歌曲やオペラの中で,いわゆる〈パストラルもの〉が有力な一ジャンルを形成した。…

※「牧歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牧歌の関連情報