物部大斧手(読み)もののべの おおおのて

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「物部大斧手」の解説

物部大斧手 もののべの-おおおのて

日本書紀」にみえる豪族
雄略天皇18年,物部菟代(うしろ)と物部目(め)が伊勢(いせ)(三重県)の朝日郎(あさけのいらつこ)攻めを命じられた際,朝日郎の強弓をおいながらも(たて)で物部目をまもりとおし,物部目は朝日郎を討ったという。氏は筑紫聞物部(つくしのきくのもののべ)とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android