物部菟代(読み)もののべの うしろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物部菟代 もののべの-うしろ

「日本書紀」にみえる豪族。
雄略天皇18年,物部目(め)とともに伊勢(いせ)(三重県)の朝日郎(あさけのいらつこ)攻めを命じられた際,朝日郎の強弓をおそれて進撃せず,これをはじて復命もしなかった。おこった天皇に領有していた猪使部(いつかいべ)をとりあげられ,猪使部は朝日郎を討った物部目にあたえられたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android