コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物騒がしい モノサワガシイ

デジタル大辞泉の解説

もの‐さわがし・い【物騒がしい】

[形][文]ものさわが・し[シク]
なんとなく騒々しい。「―・い場内」
世の中などの状態が穏やかでない。物騒(ぶっそう)である。「発砲事件が頻発して―・い」
なんとなくあわただしい。せっかちである。
「その事待たん、ほどあらじ。―・しからぬやうに」〈徒然・五九〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ものさわがしい【物騒がしい】

( 形 ) [文] シク ものさわが・し
何やら周囲がざわざわとしている。 「何かあったのか外が-・い」
世の中が穏やかでない。ぶっそうである。 「夜べより世間-・しと承れば/平家 2
事を急ぎすぎる。せっかちだ。 「 - ・しき事し給ひては後に必ず悔み給ふべし/平家 2
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

物騒がしいの関連キーワードうに平家

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android