コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特利 とくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特利
とくり

(1) 一種の闇金利で,大口預金に対してつける通常金利を上回る特別金利。きわめて日本的な現象で,1960~61年頃の金融逼迫期にしばしばみられたという。別名虎ノ門金利ともいわれ,共済組合や企業の大口預金に対して,市中銀行の資金繰り難による預金獲得競争がこのような特別金利を招いたといわれる。 (2) 政府系金融機関が,プライムレートより低い金利で融資を行うときの利率。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とく‐り【特利】

規定以上の高い利率。「特利貸付」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android