コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特定信書便 トクテイシンショビン

デジタル大辞泉の解説

とくてい‐しんしょびん【特定信書便】

信書便の分類の一。民間事業者が利用者のニーズに応じて多様な信書集配サービスを提供するもので、事業参入には、長さ・幅・厚さの合計が73センチ超または重量4キロ超の大型信書の取り扱い、3時間以内での配達、料金800円超の高付加価値サービスのいずれかに該当する役務を提供する必要がある。→一般信書便

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

特定信書便の関連キーワード日本郵政公社(にっぽんゆうせいこうしゃ)信書便事業信書便法電報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android