コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特許権の消尽

1件 の用語解説(特許権の消尽の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

特許権の消尽

特許権の消尽」とは、特許権侵害の判断を行う上での原則である実施行為独立の原則の例外のこと。正当な特許権の権利者による実施製品の譲渡後は、どのような流通が行われてもその権利侵害は問えない、とされている。これは、特許権者が譲渡によって既に流通まで含めた対価を得ている、という判断に基づいている。但し、譲渡の時点でその流通経路を制限している場合は、その後の譲渡に関して権利侵害を問うことができるケースもある。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特許権の消尽の関連キーワード警告特許品差止請求権実施行為独立の原則特許権侵害罪特許権の消滅特許権の存続期間特許権の譲渡特許査定発明者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone