コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬御前 いぬごぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

犬御前 いぬごぜん

?-? 鎌倉時代の女性。
大友能直(よしなお)の娘。母深妙(しんみょう)が能直からゆずりうけた豊後(ぶんご)(大分県)大野郡の大野荘地頭職を,延応2年(1240)詫磨能秀(たくま-よしひで)・志賀能郷(よしさと)らの兄弟とともに分与され,女性として同荘内の中村地頭職を所持した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

犬御前

生年:生没年不詳
鎌倉前期の武家の女性。豊後国大野荘(大分県直入郡)などの地頭職をもつ大友能直の娘。夫の死後出家して風早禅尼深妙と名乗った母から,仁治1(1240)年大野荘内中村地頭職を譲与された。鎌倉期の武家女性が親から譲与された地頭職を所持し,所領知行をなしていたことを示す典型的な例。<参考文献>『志賀文書』

(田端泰子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android