コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬御前 いぬごぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

犬御前 いぬごぜん

?-? 鎌倉時代の女性。
大友能直(よしなお)の娘。母深妙(しんみょう)が能直からゆずりうけた豊後(ぶんご)(大分県)大野郡の大野荘地頭職を,延応2年(1240)詫磨能秀(たくま-よしひで)・志賀能郷(よしさと)らの兄弟とともに分与され,女性として同荘内の中村地頭職を所持した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

犬御前

生年:生没年不詳
鎌倉前期の武家の女性。豊後国大野荘(大分県直入郡)などの地頭職をもつ大友能直の娘。夫の死後出家して風早禅尼深妙と名乗った母から,仁治1(1240)年大野荘内中村地頭職を譲与された。鎌倉期の武家女性が親から譲与された地頭職を所持し,所領知行をなしていたことを示す典型的な例。<参考文献>『志賀文書』

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報