コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大友能直 おおとも よしなお

3件 の用語解説(大友能直の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大友能直 おおとも-よしなお

1172-1223 鎌倉時代の武将。
承安(じょうあん)2年1月3日生まれ。九州大友氏の祖。系譜については異説がおおい。文治(ぶんじ)5年源頼朝の奥州攻めに功をたて,有力御家人となる。のち豊前(ぶぜん)・豊後(ぶんご)の守護と鎮西奉行をかね,筑後(ちくご)守護もつとめた。貞応(じょうおう)2年11月27日死去。52歳。幼名は一法師丸。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大友能直

没年:貞応2.11.27(1223.12.20)
生年:承安2.1.3(1172.1.29)
鎌倉初期の武士。豊後大友氏の祖。幼名一法師丸。左近将監,左衛門尉,豊前守,従五位上。法名能蓮。源頼朝の落胤説もあるが,父は相模国の住人古庄(近藤)能成。母の関係から中原親能の養子となる。若いときから頼朝の「無双の寵仁」として近侍し,元服ののち左近将監に内挙される。大友系図などでは,建久年間に鎮西奉行,豊前・豊後の守護職に任じられたとするが,これは誤りといわれ,豊後を中心とする所領のほとんどは,鎮西奉行であった養父中原親能から譲られたものと推測される。貞応2(1223)年に所領所職を子や妻(尼深妙)に譲り,京都で死去。

(飯沼賢司)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大友能直
おおともよしなお
(1172―1223)

豊後(ぶんご)大友氏の祖。鎌倉前期の有力御家人。幼名は一法師丸。豊前守(ぶぜんのかみ)。従(じゅ)五位下。出自については「大友家文書録」などで源頼朝(よりとも)の庶子とするが、相模(さがみ)古庄郷司(ふるしょうごうじ)近藤能成(よししげ)の子とするのが妥当である。母は波多野四郎経家(はたのしろうつねいえ)の娘で、姉が中原親能(ちかよし)に嫁した関係で、甥(おい)の能直は親能の養子となり、母方の所領である大友郷の郷司職(しき)を相続した。源頼朝の近習として仕え、養父中原親能が有していた鎮西奉行(ちんぜいぶぎょう)の権限の一部を継承し、豊後(ぶんご)国(大分県)大野荘(おおののしょう)の地頭職などを得て、子孫は代々豊後国守護職となった。貞応(じょうおう)2年11月27日京都にて死去。[海老澤衷]
『渡辺澄夫著『増訂豊後大友氏の研究』(1982・第一法規出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大友能直の言及

【大友氏】より

…中世九州の名族の一つ。京都の中級貴族出身で源頼朝につかえ,九州支配にも関与した中原親能の猶子能直にはじまる。能直は頼朝の側近の武士の一人で相模国大友郷を本拠とし,大友の苗字はそこからはじまる。能直のときから豊後守護に任じた可能性が強く,以後中世を通じてこの地位を世襲した。九州へ下向したのは3代頼泰(泰直)のときで,頼泰は鎮西談議所の奉行にも任じ,蒙古を博多に迎撃したときの指揮者の一人でもあった。なお頼泰のとき,鎮西奉行として武藤氏とともに九州を統轄したという説があるが,今のところ確定的ではない。…

【神蔵荘】より

…在地領主に宗形氏綱とその沽券(こけん)を受けた橘宗頼の名が見えるが,1199年(正治1)当時には関東補任の中原親能が下司,宗頼は下司代となっていた。1209年(承元3)親能の猶子大友能直が地頭下司職に補され,その子詫磨能秀が相続,以来詫磨氏が分割知行した。1337年(延元2∥建武4)最勝光院執務職とともに神蔵荘領家職は東寺に付けられたが,鎌倉末には年貢上納は半減しており,南北朝期には荘園としての実体は失われた。…

【筑後国】より

…【倉住 靖彦】
【中世】

[鎌倉時代]
 鎌倉幕府の成立とともに東国御家人が守護として入部し,筑後支配にのり出す。初代の大友能直の在職は1207年(承元1)から13年(建保1)まで確認できる。その後北条氏一門の名越時章が在職したが,72年(文永9)の二月騒動で誅され,守護職は大友頼泰に移った。…

【豊後国】より

…翌年国司に御家人の毛呂太郎藤原季光を推挙し,初代守護に腹心の中原親能(ちかよし)を補任した。親能の猶子大友能直(よしなお)が初代守護に補任されたとする説があるが,親能から譲られたらしい。 源平合戦前後までさかのぼって豊後の情勢をみると,平重盛の御家人だった緒方惟栄をはじめ,その兄弟の臼杵(うすき)氏・佐賀氏,同族の大神姓大野氏,稙田氏,都甲(とごう)氏,大蔵姓一族,清原氏一族など有力武士団が各地に勢力をもっていた。…

※「大友能直」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大友能直の関連キーワード大友氏大友氏時大友頼泰志賀義天志賀能郷高橋鑑種詫磨能秀田原氏能田原直貞美濃局(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone