コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬歯窩 けんしか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犬歯窩
けんしか

ヒト上顎骨前面の歯槽上部と眼窩下縁との間で,犬歯部から第1大臼歯部にわたってみられる浅いくぼみ。現生人類にはよくみられ,特に白人に著しい。旧人より古い人類にはほとんどみられない。同じ日本人でも縄文時代人ではわずかであり,現代に近づくにつれて発達が顕著である。咀嚼器官の退化により上顎骨体が縮小するためにできると考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

犬歯窩の関連キーワードカブウェ人縄文時代化石人類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android