犬歯窩(読み)けんしか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犬歯窩
けんしか

ヒト上顎骨前面の歯槽上部と眼窩下縁との間で,犬歯部から第1大臼歯部にわたってみられる浅いくぼみ。現生人類にはよくみられ,特に白人に著しい。旧人より古い人類にはほとんどみられない。同じ日本人でも縄文時代人ではわずかであり,現代に近づくにつれて発達が顕著である。咀嚼器官の退化により上顎骨体が縮小するためにできると考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android