コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上顎骨 じょうがくこつmaxilla

翻訳|maxilla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上顎骨
じょうがくこつ
maxilla

上顎から鼻腔,眼窩にかけて顔面の中央部にある左右1対の大きな骨。前頭突起,頬骨突起,歯槽突起,口蓋突起などがあり,周辺の骨と結合する。骨の中央部には副鼻腔のなかで最も大きい上顎洞という空洞がある。歯槽突起には歯を入れるくぼみが8つあり,ここに膿がたまるものを歯槽膿瘍という。口蓋突起は左右のものが癒合して硬口蓋を形成するが,この癒合が不完全であるものを口蓋裂と呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょうがく‐こつ〔ジヤウガク‐〕【上顎骨】

頭蓋骨(とうがいこつ)で、上あごをつくる左右一対の骨。下顎骨(かがくこつ)とともに口腔を形成し、内部に広い上顎洞がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうがくこつ【上顎骨】

うわあごを形成する左右一対の骨。左右上側部は側頭骨にはまりこんでいる。下縁には上歯がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の上顎骨の言及

【あご(顎)】より

… 脊椎動物の頭部骨格は個体発生的にも系統発生的にもまず軟骨性のものとしてできてくるが,最も原型的な軟骨魚類では,上顎は口蓋方形軟骨,下顎は下顎軟骨という左右1対の骨格を中核とする単純な構造で,歯はこれらの軟骨に生えている。硬骨魚類以上の動物は個体発生の初めには軟骨魚類と同様の軟骨性の顎骨をもつが,やがて口蓋方形軟骨の後部が骨化して方形骨(方骨)という骨になり,そのほかに前顎骨,上顎骨,口蓋骨,翼状骨などの骨が二次的に発生して上顎の骨格を形成する。下顎では,下顎軟骨は後端だけ骨化して関節骨になるが他の部分は退縮していき,代りに歯骨,冠状骨など数種の骨が二次的に発生して結合しあい,下顎の骨格をつくる。…

【頭骨】より

…軟骨魚類では上下のあごの骨格は終生この状態で,その上に歯が生える。この仲間の動物では頭骨は軟骨頭蓋,口蓋方形軟骨がつくる上顎骨格,および下顎軟骨がつくる下顎骨格からなり,その後方に第2内臓弓である舌弓および数対のえらの骨格をなす内臓弓すなわち鰓弓(さいきゆう)からなる内臓骨格が連なるのである。骨が退化している肺魚類を除く硬骨魚類とそれ以上の脊椎動物では,胚期にのみこのような軟骨性骨格があり,成長とともにそれらのほとんどが完全に骨化する(ただし,両生類では下顎軟骨の前部はいわゆるメッケル軟骨として残存する)。…

※「上顎骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上顎骨の関連キーワードルイス(George Edward Lewis(古生物学者))ジョージ・エドワード ルイスムカシトカゲ(昔蜥蜴)コマッコウ(小抹香)ティランノサウルスイワサキセダカヘビナトロン化石人骨エナメル上皮腫ケニアピテクスくちばし(嘴)ガビアルモドキバショウカジキホウライエソコセミクジラクルーゾン病サケスズキニシキヘビクサリヘビ内臓頭蓋顎骨骨折