コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狐の牡丹 キツネノボタン

デジタル大辞泉の解説

きつね‐の‐ぼたん【×狐の×牡丹】

キンポウゲ科の多年草。山野の湿地や田のあぜに生え、高さ20~60センチ。茎は中空。葉は3枚の小葉からなる複葉。春から秋に、黄色のつやのある5弁花を開き、金平糖(こんぺいとう)状の実ができる。有毒。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きつねのぼたん【狐の牡丹】

キンポウゲ科の多年草。道端・田の畔あぜなどに生える。茎は高さ20~80センチメートル。根葉は長い柄があり、三個の小葉からなる。春から秋にかけて、枝頂付近に出た柄に黄色五弁の小花をつけ、花後、金平糖のような淡緑色の果実を結ぶ。有毒植物。毛莨もうこん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狐の牡丹の関連キーワードキンポウゲ科有毒植物金平糖うこん根葉毛莨

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android