あぜ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

あぜ
あぜ / 畦・畔

水田と水田との間に土を盛り上げてつくった堤。くろ、または畦畔(けいはん)ともよぶ。田を仕切って水をためる目的のほか資材運搬や水田管理作業のための道路となる。傾斜地では水田は小面積の階段状にあぜによってくぎられ、また平坦(へいたん)地でも水管理や作業の関係、所有権の関係などから昔は小さくくぎられていた。最近では土木技術の進歩や、農作業の機械化が進み、その作業効率の面から、1枚の面積が10アールまたは30アールの水田が増え、あぜも農業機械を通すために幅広くつくられるものがあり、この場合は農道とよばれる。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あぜ

〘副〙
① 上代東国方言。
(イ) 疑問の意を表わす。なぜ。どうして。→あぜか
※万葉(8C後)一四・三四六一「安是(アゼ)と言へかさ寝に逢はなくに真日暮れて宵なは来なに明けぬ時(しだ)来る」
(ロ) いかに。どのようにして。
※万葉(8C後)一四・三五一七「白雲の絶えにし妹を阿是(アゼ)(せ)ろと心に乗りて許多(ここば)かなしけ」
近世の用法。
(イ) なぜ。どうして。どういうわけで。
物類称呼(1775)五「なぜと云事を〈略〉総州及東奥にて、あぜといふ」
(ロ) (感動詞のように用いて) あれまあ、なんとまあ、おや、というような軽い驚きと疑問の意を表わす。
洒落本道中粋語録(1779‐80頃)「『アイそんなら。コレサかるく盛てくんな』『アゼひだるいといはっしゃりましたじゃアおざんねへか』」
[語誌](1)「万葉集」では、巻一四の東歌にのみその用例が確認され、「あど」と同様、東国語と考えられる。以降、「物類称呼」まで、文献資料には用例を見出しがたい。
(2)近世になると、洒落本「道中粋語録」、滑稽本「東海道中膝栗毛」、咄本「蝶夫婦」などに見られるが、東国の方言として扱われている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あぜの関連情報