狗尾続貂(読み)くびぞくちょう

大辞林 第三版の解説

くびぞくちょう【狗尾続貂】

〔「狗尾」は犬のしっぽ、「貂」はテン。中国、西晋せいしんの趙王司馬倫が帝位を称し、一族の者をつまらない者まで多数高位高官につけたために、冠に使うテンの尾が不足し犬の尾で代用するようになるだろうと人々が嘲ったという「晋書趙王倫伝」の故事から〕
つまらない者が高官に列すること。
劣った者がすぐれた者のあとに続くこと。また、他人の行なった仕事を受け継いで行うことのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android