一味(読み)いちみ

精選版 日本国語大辞典「一味」の解説

いち‐み【一味】

〘名〙
① 仏語。真実絶対の立場では、すべてが同一で、平等であること。多くは仏の教えについて、時や所や人に応じて多様であっても、結局その趣旨は同一であること。
※顕戒論(820)上「政行五常。教信一味
※栄花(1028‐92頃)くもの振舞「罪すすぐ昨日今日しも降る雨はこれやいちみと見るぞ嬉しき」
② 味が単一なこと。同じ味。また、副食物一品だけの質素な料理。
※正法眼蔵(1231‐53)栢樹子「あはれむべし、煙火まれなり、一味すくなし」
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉教育「唯だ一味の蜜を採らんが如くなるべし」
③ 漢方の語で、多くの薬種の中の一品。また、一般に一種類の薬品。
※全九集(1566頃)二「単行とは臣使の薬をつれざれども一味にて其功をなす」
※小学化学書(1874)〈文部省〉三「黄金は如何なる強酸にても唯一味にては之を溶すこと能はす」
④ (━する) 同じ目的を持った者が寄り集まって、仲間となること。また、その人々。味方。同志。現代ではもっぱら悪事を企てる仲間をいう。
※平家(13C前)四「抑(そもそも)北嶺は円宗一味の学地」
※浄瑠璃・平家女護島(1719)三「一味して戦場に討死するも死は同じ」
⑤ 同じたぐい。同類。
※太閤記(1625)四「此属(このたぐひ)は皆、一犬吠虚万犬伝実と、一味之浅智なるべし」
⑥ 一種の味わいや趣のあること。
※俳諧・笈日記(1695)中「両湖の十のさかひも、涼風一味のうちに思ひためたり」

ひと‐あじ ‥あぢ【一味】

〘名〙 味の微妙な加減、具合。比喩的にも用いる。「前回の作品とは一味違う」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一味」の解説

いち‐み【一味】

[名](スル)
同じ目的をもって寄り集まった仲間。同志。また、そのような仲間に加わること。現代では、主に悪事を企てる場合に用いる。「一味に加わる」「陰謀に一味する」「盗賊一味
一つの味。また、副食物が一品であること。
漢方で、多くの薬種の中の一品。「甘草(かんぞう)一味を加える」
ある味わいがあること。どことなく趣が感じられること。「一味の涼風」
語。現象は多様であるが、実はすべて同一で、平等無差別であるということ。また、仏の救いは平等であること。

ひと‐あじ〔‐あぢ〕【一味】

ちょっとした味の加減。比喩的にも用いる。「一味足りない汁物」「一味違うドラマ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android