コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一味 イチミ

デジタル大辞泉の解説

いち‐み【一味】

[名](スル)
同じ目的をもって寄り集まった仲間。同志。また、そのような仲間に加わること。現代では、主に悪事を企てる場合に用いる。「一味に加わる」「陰謀に一味する」「盗賊一味
一つの味。また、副食物が一品であること。
漢方で、多くの薬種の中の一品。「甘草(かんぞう)一味を加える」
ある味わいがあること。どことなく趣が感じられること。「一味の涼風」
仏語。現象は多様であるが、実はすべて同一で、平等無差別であるということ。また、仏の救いは平等であること。

ひと‐あじ〔‐あぢ〕【一味】

ちょっとした味の加減。比喩的にも用いる。「一味足りない汁物」「一味違うドラマ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちみ【一味】

( 名 ) スル
一定の目的をもった仲間に加わること。また、その仲間。一党。 「盗賊の-」 「他県のもので藩閥に-する人もあつて/もしや草紙 桜痴」 〔「一身」が原義。現代では悪事や謀反を企てる集団に関して用いられる〕
一種の味わい。ある種のおもむき。 「 -の涼風」 「 -の感傷」 「わが胸には、-の幽愁、春の夜の笛の如くに流れき/ふらんす物語 荷風
漢方で、ひとつの薬種。 「 -を加える」
〘仏〙 仏の教えが平等・一様であること。 → 一味の雨

ひとあじ【一味】

味の微妙な具合。 「 -足りない」
他とは区別される趣や性質。 「 -違う芸風」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一味の関連キーワードONE PIECE(ワンピース)ブルータスよ,お前もかタイムラクーダタイムナガモチドッチラケメカ爆発!デューク鬼びっくり一味博多小女郎波枕彦山権現誓助剣うえやまとち手目を上げる火薬陰謀事件毛谷村六助一味唐辛子奸徒・姦徒おだてブタふたがしら檜山騒動モーガン答本忠節

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一味の関連情報