狩猟税(読み)しゅりょうぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩猟税
しゅりょうぜい

各道府県知事から狩猟者の登録を受ける者に課される道府県税目的税であり,税収は鳥獣の保護および狩猟に関する行政の実施費用にあてられる。1963年に狩猟者税が改編され,免許を受ける際に課せられる法定普通税の狩猟免許税と,狩猟を行なう際に課せられる目的税の入猟税が設けられた。1979年狩猟免許税が狩猟者登録税に改称。2004年狩猟者登録税と入猟税が統合され,狩猟税が創設された。(→租税

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狩猟税の関連情報