道府県税(読み)どうふけんぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道府県税
どうふけんぜい

道府県が賦課する税。普通税目的税に大別され,普通税はさらに地方税法に規定される法定普通税と,道府県条例によって課税する法定外普通税に区分される(地方税法4)。法定普通税には,道府県民税住民税),事業税不動産取得税,道府県たばこ税(→たばこ税),ゴルフ場利用税自動車税鉱区税自動車取得税(→自動車関係諸税),軽油引取税などがある。法定外普通税としては,沖縄県の石油価格調整税,原子力発電所が所在する道県の核燃料税などがある。目的税には,狩猟税水利地益税などがある。(→市町村税租税地方税

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

道府県税【どうふけんぜい】

道府県が課す地方税。都はこれに準じるが,道府県には認められない若干の税を賦課できる。普通税として道府県民税,事業税,不動産取得税,道府県たばこ税,ゴルフ場利用税,自動車税,鉱区税,狩猟者登録税,目的税として軽油引取税,自動車取得税,入猟税,水利地益税があり,さらに法定外普通税を賦課できる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

どうふけんぜい【道府県税】

道府県が課する地方税。普通税として道府県民税・不動産取得税など、目的税として軽油引取税・水利地益税などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どうふけん‐ぜい ダウフケン‥【道府県税】

〘名〙 道府県が課する租税の総称。普通税と目的税からなり、前者には道府県民税・事業税・地方消費税・不動産取得税・道府県たばこ税・自動車税などがあり、後者には自動車取得税・軽油引取税・入猟税・水利地益税などがある。地方税法上、道府県税は都に準用され、都税と読み替えられる。都道府県税
※地方税法(1950)一条「地方税 道府県税又は市町村税をいう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android