コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野源助ペドロ かのう げんすけ ペドロ

2件 の用語解説(狩野源助ペドロの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野源助ペドロ かのう-げんすけ-ペドロ

?-? 江戸時代前期のキリシタン。
京都のフランシスコ会財産管理人。慶長8年(1604)12月25日付け京坂キリシタン代表による二十六殉教者(日本二十六聖人)列聖請願書の筆頭に「狩野源助平渡路」と署名。さらに18年8月15日付けの京坂,堺の信徒が教皇パウロ5世にあてた書簡に「へいとろかの」と署名した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

狩野源助ペドロ

生年:生没年不詳
江戸前期のキリシタン,京都のフランシスコ会の財産管理人,狩野派絵師。イエズス会を讒言する書翰をマニラの3修道会の管区長に送付した中心人物で,のち司教セルケイラのもとでその讒言を撤回。慶長8年12月25日(1604年1月26日)付京坂キリシタンによる26殉教者(日本二十六聖人)列聖請願者の筆頭に「狩野源助平渡路」と署名。また教皇パウロ5世宛同18年8月15日(1613年9月29日)付京坂・堺の信徒書状には「へいとろかの」と署名する。元和6年12月10日(1621年1月2日)付の京坂信徒代表による教皇奉答文にみえる堺の「木屋道味平登路」は同一人物とみなされている。<参考文献>H.チースリク「ペトロ狩野事件の資料」(『キリシタン研究』14号)

(五野井隆史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狩野源助ペドロの関連キーワードシスコフランシスコ吉利支丹サンフランシスコオークランドベイブリッジサンフランシスコマラソン茨木ルイスディエゴ=デ=サン=フランシスコ遠山信政橋本テクラディエゴ・デ・サン・フランシスコ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone