コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本二十六聖人 ニホンニジュウロクセイジン

3件 の用語解説(日本二十六聖人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にほん‐にじゅうろくせいじん〔‐ニジフロクセイジン〕【日本二十六聖人】

慶長元年12月19日(1597年2月5日)豊臣秀吉の命により長崎で殉教したフランチェスコ会宣教師6人と日本人信徒17人、日本人イエズス会士3人のキリシタン。1861~1862年、ローマ教皇ピウス9世により聖人に列せられた。記念日は2月5日。二十六聖人

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本二十六聖人
にほんにじゅうろくせいじん

1597年2月5日(慶長元年12月19日)に長崎で豊臣(とよとみ)秀吉の命令によって処刑されたカトリックの司祭、修道士、信徒。秀吉は1587年(天正15)に宣教師の国外追放を命じたが、イエズス会員は秀吉の感情を害さぬように慎重に行動したので、事態は穏便に経過していた。しかるに秀吉が呂宋(ルソン)国(フィリピン)に投降を勧告したことから、マニラからスペイン系の托鉢(たくはつ)修道会員が、総督の外交使節となって渡日するようになった。彼らはイエズス会員たちの憂慮をよそに、秀吉から公然滞在を許されていることを幸いとして京都、大坂、長崎などで布教活動を開始した。そのおり、1596年に土佐(高知県)の浦戸にスペイン船サン・フェリペ号が漂着し、同船の水先案内が積み荷を没収された腹いせに暴言を吐いたり、また当時来日していたイエズス会出身の日本司教マルティンスらのフランシスコ会員に対する反対運動があったりして、秀吉は明白な理由をあげることなく、突如、京坂(けいはん)のフランシスコ会員とイエズス会員、および日本人信徒らを捕縛し、長崎で処刑することを命じた。道中2名の信徒が加わり、また2名が殉教直前にイエズス会員となったので、西坂の丘で殉教したのは、フランシスコ会員がペドロ・バプチスタほか6名、日本人イエズス会修道士が3名、日本人信徒17名である。フランシスコ会員の1人はメキシコ生まれ、他の1人はインドのバサイン生まれであり、日本人のなかには尾張(おわり)(愛知県)出身の12歳の少年もいた。1861年(文久1)、ローマ法王ピオ9世は殉教したフランシスコ会員と日本人信徒を、翌年、イエズス会修道士3名を聖人に列する宣言をした。[松田毅一]
『レオン・パジェス著、木村太郎訳『日本廿六聖人殉教記』(1931・岩波書店) ▽パチェコ・ディエゴ著、菅田玲子訳『長崎への道』(1962・中央出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日本二十六聖人の関連キーワード足利義昭葛西晴信来島通総沈惟敬ナバレテフィゲイレドフロイスエッセイ豊臣秀吉の朝鮮出兵ロシアの核戦力

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本二十六聖人の関連情報