独擅場(読み)ドクセンジョウ

デジタル大辞泉の解説

どくせん‐じょう〔‐ヂヤウ〕【独×擅場】

その人だけが思うままに振る舞うことができる場所・場面。ひとり舞台。
[補説]「」を「壇」と誤り、「ひとり舞台」の意から「独壇場(どくだんじょう)」というようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくせんじょう【独擅場】

その人ひとりだけで、思いのとおりの振る舞いができるような場面・分野。ひとり舞台。独壇場どくだんじよう。 〔「擅」を「壇」と誤り、「ひとり舞台」の意から「独壇場どくだんじよう」の語が生じた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どくせん‐じょう ‥ヂャウ【独擅場】

〘名〙 その人だけが思いのままにふるまうことができ、他人の追随を許さない場所・場面。ひとり舞台。
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉飲、嫖、奕「此の種の好顧客が有ればこそ浪花節の独擅場(ドクセンヂャウ)は築かれたのである」
[補注]「擅」を「壇」に誤り、「ひとり舞台」の意味にひかれて「どくだんじょう(独壇場)」という語が生じた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独擅場の関連情報