コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狼星周期 ろうせいしゅうきSothic cycle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狼星周期
ろうせいしゅうき
Sothic cycle

古代エジプトでは,狼星つまりシリウスが日の出直前に地平線からのぼる頃になるとナイル川氾濫が始ることは早くから知られ,この現象により1年の長さが 365.25日であることにも気がついていた。エジプト暦の1年は 365日なので,ナイルの氾濫の時期つまりシリウスが日の出直前にのぼる時期は毎年 0.25日だけ遅れ,結局 1461エジプト年で1年のなかを完全に一巡する。この 1461エジプト年の周期が狼星周期で紀元前 3000年頃から知られていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android