猛打(読み)モウダ

デジタル大辞泉の解説

もう‐だ〔マウ‐〕【猛打】

激しく打つこと。猛烈な打撃。特に、野球でいう。「猛打を浴びる」「猛打賞」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もうだ【猛打】

猛烈な打撃。特に、野球などでいう。 敵に-を浴びせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もう‐だ マウ‥【猛打】

〘名〙
① 猛烈な打撃。激しく打つこと。
※豚群(1926)〈黒島伝治〉三「彼は力いっぱいに、やって来るやつをぶん殴った。豚は彼の猛打を浴びて」
② 野球で、相手の投手を激しく打ち込むこと。また、その打撃。
※東京日日新聞‐明治三九年(1906)四月一六日「結局得点はなかったが、是等三人の猛打は実に目覚しく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猛打の関連情報