猛打(読み)モウダ

  • もうだ マウ‥
  • もうだ〔マウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 猛烈な打撃。激しく打つこと。
※豚群(1926)〈黒島伝治〉三「彼は力いっぱいに、やって来るやつをぶん殴った。豚は彼の猛打を浴びて」
② 野球で、相手の投手を激しく打ち込むこと。また、その打撃。
※東京日日新聞‐明治三九年(1906)四月一六日「結局得点はなかったが、是等三人の猛打は実に目覚しく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猛打の関連情報