コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒島伝治 くろしまでんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒島伝治
くろしまでんじ

[生]1898.12.12. 香川,小豆島
[没]1943.10.17. 小豆島
小説家。貧農の家に生れ,内海実業補習学校を卒業 (1914) 後,文学を志して上京 (17) ,早稲田大学に入学 (19) したが,召集されてシベリア出兵従軍 (21) 。その経験をもとにプロレタリア文学運動に参加,『 (そり) 』 (27) ,『雪のシベリア』 (27) ,『渦巻ける烏の群』 (28) ,『国境』 (31) などの反戦小説で作家としての地位を固めた。一方,『電報』 (25) ,『二銭銅貨』 (26) ,『豚群』 (26) など農民文学の作家として知られ,農村の暗さを底辺から描く佳作を相次いで発表した。プロレタリア作家にありがちな観念的傾向はなく,地味ではあるが,貧困に追われる農民の哀歓や願望を素朴に写し,一種瓢逸な趣の漂う作風であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くろしま‐でんじ〔‐デンヂ〕【黒島伝治】

[1898~1943]小説家。香川の生まれ。シベリア出兵の体験に基づく反戦小説や農民小説を発表、プロレタリア作家として認められた。著「二銭銅貨」「豚群」「渦巻ける烏の群」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

黒島伝治【くろしまでんじ】

小説家。香川県小豆島生れ。早大予科選科中退。《文芸戦線》同人となり,ナップ所属の日本プロレタリア作家同盟員となった。シベリア出兵の経験から《渦巻ける烏の群》(1928年)その他の反戦小説を書き,また郷里の農村に取材した農民小説を書いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒島伝治 くろしま-でんじ

1898-1943 大正-昭和時代前期の小説家。
明治31年12月12日生まれ。「豚群(とんぐん)」などの農民小説,シベリア従軍体験にもとづく「渦巻ける烏(からす)の群」などの反戦小説でみとめられる。労農芸術家連盟,のち日本プロレタリア作家同盟に所属。昭和18年10月17日死去。46歳。香川県出身。早大中退。作品はほかに「武装せる市街」など。
【格言など】どうして,ロシア人を殺しに,こんな雪の曠野にまで乗り出して来なければならなかったか!(「橇」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くろしまでんじ【黒島伝治】

1898‐1943(明治31‐昭和18)
作家。香川県小豆島の自作農の長男に生まれ,小学校と実業補習学校を卒業後,島の醬油会社の醸造工となるが1年ほどで退職,文学に志す。1917年上京,勤めのかたわらドストエフスキー,チェーホフ島崎藤村,志賀直哉らに傾倒。同村出の壺井繁治と交わる。19年召集,21年シベリアに派遣され,22年肺尖炎により兵役免除。その間の《軍隊日記》は強いられた兵営生活を文学修業たらしめんとした一青年の心の記録である。その後,島で療養しながら,23年処女作《電報》,《窃む女》を書き,25年再度上京,26年《文芸戦線》に《銅貨二銭》《豚群》を書いて同人となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くろしまでんじ【黒島伝治】

1898~1943) 小説家。香川県小豆島生まれ。「文芸戦線」に参加、プロレタリア作家として反戦・農民小説を書いた。著「豚群」「橇」「渦巻ける烏の群」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒島伝治
くろしまでんじ
(1898―1943)

小説家。香川県小豆島(しょうどしま)の生まれ。早稲田(わせだ)大学予科選科中退。1917年(大正6)上京、同郷の壺井(つぼい)繁治と知る。19年入隊、シベリアに出兵。除隊後ふたたび上京、『文芸戦線』に『銅貨二銭』(1926、のち『二銭銅貨』)、『豚群』(1926)など確かなリアリズムに支えられた農民文学を発表して好評を得る一方、『橇(そり)』(1927)、『渦巻ける烏(からす)の群』(1928)ではシベリア従軍体験に根ざした優れた反戦文学を結実させた。文戦派からのちに作家同盟に移り、文学的主題をいっそう先鋭化させたが、コップ(日本プロレタリア文化連盟)弾圧後しだいに行き詰まりをみせた。第一小説集『豚群』(1927)、第二小説集『橇』(1928)、『浮動する地価』(1930)、済南(せいなん)事件を扱った長編小説『武装せる市街』(1930)ほかの著書がある。[大塚 博]
『『黒島伝治全集』全3巻(1970・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

黒島伝治の関連キーワード文芸戦線・文藝戦線ナップ(NAPF)12月12日反戦運動戦争文学壺井栄肥大

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒島伝治の関連情報