猪股繁永(読み)いのまた しげなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪股繁永 いのまた-しげなが

?-? 幕末-明治時代の国学者。
陸奥(むつ)弘前(ひろさき)(青森県)の人。本居宣長(もとおり-のりなが)の流れをくみ,漢学にも通じた。安政3年(1856)弘前藩の和学士取扱となり,のち藩校稽古館の紀伝学士。明治元年箱館在役となり,箱館戦争でたたかった。通称は久吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android