コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪飼如翠 いがい じょすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪飼如翠 いがい-じょすい

?-? 江戸時代後期の画家。
志摩(三重県)鳥羽(とば)藩主に焼き絵(火筆)の技をまなんだという。文化8年(1811)対馬(つしま)に来訪した朝鮮通信使に火筆を披露,通信使の一員李文哲から詩で称賛された。姓は猪股とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

猪飼如翠の関連キーワード画家志摩

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android