披露(読み)ヒロウ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ろう【披露】

[名](スル)《披(ひら)き露(あらわ)す意》
手紙・文書などを開いて人に見せること。
広く人に知らせること。世間一般に発表すること。「裏話を披露する」「開店披露
意見を申し上げること。報告すること。
「孝長帰参して、此の旨を―ありければ」〈古活字本保元・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひろう【披露】

( 名 ) スル
〔文書などを披ひらき露あらわす意〕
ひろく人々に知らせること。公に発表すること。 「昨晩の出来事を皆に-する」
縁組・開店などをひろく知らせること。また、その宴。 「開店-」 「結婚-」
意見などを申し上げること。お見せすること。 「御迎ひの様子をも後ほど-申すべし/浄瑠璃・用明天皇」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐ろう【披露】

〘名〙 (文書などを披(ひら)き露(あらわ)す意)
① (━する) 広く告げ知らせること。広く伝えること。世間に発表すること。
※九暦‐九条殿記・荷前事・天慶八年(945)一二月二〇日「未聴此事之前已以参入、但事未披露歟」
※曾我物語(南北朝頃)五「『狩場おほしといへども、富士野にまさる所なし。ついでにからん』とおほせられければ、景季、この旨をひろうする」 〔後漢書‐蔡邕伝〕
② (━する) 報告すること。上申すること。意見を申し上げること。
※保元(1220頃か)上「孝長帰参して、此の旨披露有りければ」
③ (━する) 宣伝をして商品を売ること。店を張ること。また、商品の広告。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「妙薬の能書を両面に張りたる反古団(ほぐうちは)をとりて、披露の薬名をよみながら」
④ 縁組・就任・開業などを広く知らせること。また、その宴。ひろめ。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「エンノト ユウ クヮンニンノ コヲ ヤシナイゴト サダメテ〈略〉ソノミノ ソウリャウト firôxita(ヒロウシタ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

披露の関連情報