猫額大(読み)びょうがくだい

精選版 日本国語大辞典「猫額大」の解説

びょうがく‐だい ベウガク‥【猫額大】

〘名〙 のひたいほどの大きさ。たいそう狭いことをいう。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之〉三「山田足利梁田三郡合して戸数二万の上に多く出ざる猫額大の地より」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android