コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猫鳴き症候群 ねこなきしょうこうぐんcat cry syndrome; cri-du-chat syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猫鳴き症候群
ねこなきしょうこうぐん
cat cry syndrome; cri-du-chat syndrome

常染色体異常症候群の一つ(→染色体異常)。B群染色体の 1本の部分欠失が原因である。乳児期の臨床症状で最も特徴的なものは,喉頭の発育不全によるかん高く単調な泣き声で,これが子猫の鳴き声に似ているため,この病名がつけられた。このほか,発育が全般的に遅れ,知的障害を伴う。アーモンド型の眼裂,眼球隔離,小顎,低位耳介などもみられる。出現頻度は 5000~1万対1程度と推定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android