コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿の腰掛/胡孫眼 サルノコシカケ

2件 の用語解説(猿の腰掛/胡孫眼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さる‐の‐こしかけ【猿の腰掛/胡眼】

サルノコシカケ科のキノコの総称。一般に多年生。木質で、樹幹に寄生し、半円形の卓状に広がり、木を腐らせる。乾いたものは非常に堅い。観賞用・細工品・薬用などに利用され、種類が多い。 秋》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さるのこしかけ【猿の腰掛】

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ亜目の木質多年生のきのこの総称。傘に柄はなく、樹幹に水平につき、半円形で上面に同心円状の模様があり下面に多数の微細な管孔がある。種類は多く、いずれも木材腐朽菌。種類により薬用・食用・細工用となる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone