獅子身中の虫獅子を食う(読み)しししんちゅうのむしししをくらう

精選版 日本国語大辞典「獅子身中の虫獅子を食う」の解説

しし【獅子】 身中(しんちゅう)の虫(むし)獅子(しし)を食(くら)

(「梵網経‐下」「仁王経‐嘱第八」の「如師子身中虫、自食師子肉」から) 獅子の体内にいる虫が、その寄っている獅子の肉を食って、ついには倒してしまうの意。仏徒でありながら仏教に害をなすことのたとえ。転じて、を受けた者に(あだ)で報いることのたとえ。
吾妻鏡‐文治二年(1186)六月一五日「所謂師子中虫如師子歟」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android