コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁王経 にんのうぎょう

大辞林 第三版の解説

にんのうぎょう【仁王経】

仏教経典。仁王般若経。
二巻。鳩摩羅什くまらじゆう訳。護国経典の一つで、般若を受持すべきことを説く。正式名は「仁王般若波羅蜜経」
二巻。不空訳。の異訳で、東密で主として用いる。正式名は「仁王護国般若波羅蜜多経」。仁王護国経。新訳仁王経。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

仁王経【にんのうきょう】

仁王経または仁王般若経と略される経典は二つある。(1)鳩摩羅什(くまらじゅう)(クマーラジーバ)訳,2巻。《仁王般若波羅蜜経》が正称。(2)唐の不空(ふくう)訳,2巻。
→関連項目鎮護国家

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にんのうきょう【仁王経 Rén wáng jīng】

《仁王護国般若波羅密経》の略称。クマーラジーバ(鳩摩羅什)訳と唐の不空訳がある。諸種の般若経典の終結をなす結経とされる。国土安穏,国家隆昌を仏教の本義から説くもので,《法華経》《金光明経》とともに鎮護国家の代表的経典である。上下2巻,8品よりなる。ただ,本経は古来,中国撰述,つまり偽経の疑いが指摘されている。魏晋南北朝期の仏教と道教,仏教と国家権力との複雑な交渉,さらに空思想が関係して中国で成立した可能性がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仁王経
にんのうぎょう

仏教経典。二巻。『仁王護国般若波羅蜜多経(ごこくはんにゃはらみったきょう)』『仁王護国経』『仁王般若経』などともよばれ、鳩摩羅什(くまらじゅう)の漢訳と不空(ふくう)の漢訳との二部が伝えられている。天台宗は前者を用い、真言宗は後者を用いる。この経は八品(ぽん)(章)からなっており、その主旨は、大乗仏教の般若思想を強調するものであるが、それと同時に、なかに「護国品(ごこくほん)」なる一品があり、護国思想および鎮護国家の必要性を強調していることが特色である。このために、平安初期の真言、天台の両宗はこぞってこの経を重視し、この経典をもとにして仁王会(にんのうえ)などの法会(ほうえ)を修し、国家の安泰を祈願し、現在まで続いている。『大正新修大蔵経(たいしょうしんしゅうだいぞうきょう)』第八巻に前記二部の漢訳経典が収められている。
 なお、不空訳の『仁王経』儀軌(ぎき)をもとに描かれた『仁王経曼荼羅(まんだら)』(平安時代作)が醍醐寺(だいごじ)にある。[加藤精一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の仁王経の言及

【仁王会】より

…仁王般若会,仁王経会ともいう。護国三部経の一つである《仁王経》を所依とし,100の仏菩薩像と100の高座を設け,100人の僧を請じ,鎮護国家・万民快楽などを祈願した勅会。…

※「仁王経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

仁王経の関連キーワード六親不和にして三宝の加護無し奈良時代(年表)仁王経曼荼羅五大力菩薩妙法(2)不動明王十善の君加藤精一蔵王権現三十番神讃岐時雄大般若経五大明王曼荼羅醍醐寺神護寺光宅寺三部経止観業仁王会

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仁王経の関連情報