コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梵網経 ぼんもうきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梵網経
ぼんもうきょう

仏教経典。2巻。『梵網経盧舎那仏説菩薩心地戒品第十』の略。上巻には,盧舎那仏,十発趣心,十長養心,十金剛心,十地心の説明が述べられ,下巻には大乗戒が述べられている。大乗戒の第一の経典として中国,日本で重視され,最澄によって大成された円頓戒の典拠経典となっている。十重戒,四十八軽戒があげられ,出家,在家の区別なく戒を受けられるところに特色があり,仏性戒といわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼんもう‐きょう〔ボンマウキヤウ〕【梵網経】

2巻。鳩摩羅什(くまらじゅう)訳と伝えられたが、5世紀ごろ中国での成立とみられる。下巻は十重禁戒四十八軽戒(きょうかい)をあげて大乗戒(菩薩(ぼさつ)戒)を説き、戒本とされる。最澄がこれに基づいて比叡山大乗戒壇を建てた。梵網経盧舎那仏説菩薩心地戒品第十。梵網菩薩戒経。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

梵網経【ぼんもうきょう】

菩薩戒経とも。大乗経典の一つ。2巻。漢訳は鳩摩羅什(くまらじゅう)と伝える。上巻は菩薩の向上心を説き,下巻は菩薩戒を説く。出家・在家を区別せぬ,衆生(しゅじょう)共通の戒は仏性の自覚によって形成されるとする。
→関連項目見返し

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼんもうきょう【梵網経 Fàn wǎng jīng】

中国で成立した《梵網経盧舎那仏説菩薩心地戒品第十》の略称。2巻。クマーラジーバ(鳩摩羅什)の訳とされるが,〈孝を名づけて戒となす〉など,中国的発想が随所に見え,5世紀の劉宋期に中国で撰述された偽経の疑いが大きい。本経の特徴は,10重戒,48軽戒という大乗菩薩戒にあり,父母,師僧,三宝に対する孝順を強調する在家戒はとくに注目される。したがって,中国,日本の仏教で重要視され,天台智顗(ちぎ)の《菩薩戒義疏》をはじめ,多くの注釈がつくられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼんもうきょう【梵網経】

二巻。鳩摩羅什くまらじゆう訳と伝えるが、五世紀後半に中国で成立したとする学説が有力。仏性の自覚に基づく大乗独自の戒律を説く。梵網経盧舎那仏説菩薩心地戒品第十。梵網菩薩戒経。菩薩戒本。 → 円頓戒えんどんかい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

梵網経の関連キーワード毘盧遮那仏(毘盧舎那仏)叡尊(えいぞん)吉野ヶ里(町)獅子身中の虫蓮華蔵世界大雲林説福田行誡土師留女放生会放生池顕戒論梵網会天台律池田王波羅夷三田川道せん景戒法蔵凝然

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android