コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梵網経 ぼんもうきょう

5件 の用語解説(梵網経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梵網経
ぼんもうきょう

仏教経典。2巻。『梵網経盧舎那仏説菩薩心地戒品第十』の略。上巻には,盧舎那仏,十発趣心,十長養心,十金剛心,十地心の説明が述べられ,下巻には大乗戒が述べられている。大乗戒の第一の経典として中国,日本で重視され,最澄によって大成された円頓戒の典拠経典となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぼんもう‐きょう〔ボンマウキヤウ〕【梵網経】

2巻。鳩摩羅什(くまらじゅう)訳と伝えられたが、5世紀ごろ中国での成立とみられる。下巻は十重禁戒四十八軽戒(きょうかい)をあげて大乗戒を説き、戒本とされる。最澄がこれに基づいて比叡山大乗戒壇を建てた。梵網経盧舎那仏説菩薩心地戒品第十。梵網菩薩戒経。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

梵網経【ぼんもうきょう】

菩薩戒経とも。大乗経典の一つ。2巻。漢訳は鳩摩羅什(くまらじゅう)と伝える。上巻は菩薩の向上心を説き,下巻は菩薩戒を説く。出家・在家を区別せぬ,衆生(しゅじょう)共通の戒は仏性の自覚によって形成されるとする。
→関連項目見返し

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぼんもうきょう【梵網経 Fàn wǎng jīng】

中国で成立した《梵網経盧舎那仏説菩薩心地戒品第十》の略称。2巻。クマーラジーバ(鳩摩羅什)の訳とされるが,〈孝を名づけて戒となす〉など,中国的発想が随所に見え,5世紀の劉宋期に中国で撰述された偽経の疑いが大きい。本経の特徴は,10重戒,48軽戒という大乗菩薩戒にあり,父母,師僧,三宝に対する孝順を強調する在家戒はとくに注目される。したがって,中国,日本の仏教で重要視され,天台智顗(ちぎ)の《菩薩戒義疏》をはじめ,多くの注釈がつくられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぼんもうきょう【梵網経】

二巻。鳩摩羅什くまらじゆう訳と伝えるが、五世紀後半に中国で成立したとする学説が有力。仏性の自覚に基づく大乗独自の戒律を説く。梵網経盧舎那仏説菩薩心地戒品第十。梵網菩薩戒経。菩薩戒本。 → 円頓戒えんどんかい

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梵網経の関連キーワード日宣黄檗月潭日比正広阪昌文愚禿鈔正続汚すひぐらしのなく頃に絆ひぐらしのなく頃に絆 第二巻・想伊達締

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone