梵網経(読み)ぼんもうきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「梵網経」の解説

梵網経
ぼんもうきょう

仏教経典。2巻。『梵網盧舎那仏菩薩心地品第十』の上巻には,盧舎那仏,十発趣心,十長養心,十金剛心,十地心の説明が述べられ,下巻には大乗戒が述べられている。大乗戒の第一の経典として中国,日本で重視され,最澄によって大成された円頓戒の典拠経典となっている。十重戒,四十八軽戒があげられ,出家,在家の区別なく戒を受けられるところに特色があり,仏性戒といわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「梵網経」の解説

梵網経【ぼんもうきょう】

菩薩戒経とも。大乗経典の一つ。2巻。漢訳鳩摩羅什(くまらじゅう)と伝える。上巻は菩薩の向上心を説き,下巻は菩薩戒を説く。出家・在家を区別せぬ,衆生(しゅじょう)共通の戒は仏性の自覚によって形成されるとする。中国・日本で重視され,特に最澄(さいちょう)は南都の小乗律に対し,この経によって戒壇を設立した。
→関連項目見返し

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「梵網経」の解説

ぼんもう‐きょう〔ボンマウキヤウ〕【梵網経】

2巻。鳩摩羅什くまらじゅう訳と伝えられたが、5世紀ごろ中国での成立とみられる。下巻は十重禁戒四十八軽戒きょうかいをあげて大乗戒(菩薩ぼさつ)を説き、戒本とされる。最澄がこれに基づいて比叡山大乗戒壇を建てた。梵網経盧舎那仏説菩薩心地戒品第十。梵網菩薩戒経。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「梵網経」の解説

ぼんもう‐きょう ボンマウキャウ【梵網経】

二巻。鳩摩羅什(くまらじゅう)の漢訳と伝えられる。上巻は菩薩の階位を説き、下巻は菩薩戒として十重四十八軽戒を説く。大乗菩薩戒の根本経典として重視された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「梵網経」の解説

ぼんもうきょう【梵網経 Fàn wǎng jīng】

中国で成立した《梵網経盧舎那仏説菩薩心地戒品第十》の略称。2巻。クマーラジーバ(鳩摩羅什)の訳とされるが,〈を名づけて戒となす〉など,中国的発想が随所に見え,5世紀の劉宋期に中国で撰述された偽経の疑いが大きい。本経の特徴は,10重戒,48軽戒という大乗菩薩戒にあり,父母,師僧,三宝に対する孝順を強調する在家戒はとくに注目される。したがって,中国,日本の仏教で重要視され,天台智顗(ちぎ)の《菩薩戒義疏》をはじめ,多くの注釈がつくられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android