コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄札 げんさつ

世界大百科事典 第2版の解説

げんさつ【玄札】

1593(文禄2)‐?
江戸前期の俳人。姓は高島。伊勢山田の人。1614年(慶長19)ごろ江戸に出て,日本橋南室町の商家に奉公したが,学問を好んで医と俳諧を業とするに至った。肥後守保科正之から五人扶持を賜ったとも伝える。徳元(とくげん)とともに草創期江戸俳壇の大立者で,貞門俳諧の地方普及に果たした功績は大きい。1674‐77(延宝2‐5)ごろ没。〈卯の花のおつるは風のおこり哉〉(《滑稽太平記》)。【乾 裕幸】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

玄札の関連キーワード河曲一蜂石田未得未得

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android